*

【韓国】韓国料理に『老舗店』が少ない理由は・・・ 

公開日: : アジアのニュース


オモニの韓国料理―あの韓国スターが食べていた極秘レシピ&隠れ家紹介 (ブティック・ムック No. 896)

韓国に「老舗」少ない理由 料理人が蔑まれていることの結果

韓国は職業による差別意識が強い。背景にあるのは、「偉い人は何もしない」という、儒教に基づく思想だ。「武」より「文」が重んじられ、額に汗して働くことを軽蔑してきた。日本で言う技術職や現業職など、体を使うのは「下人の仕事」という昔からの思い込みが今もある。

日本と韓国の違い

それが顕著に表れるのが飲食業界だ。日本では、腕の良い板前がいれば「何年修業したの?」「どこで修業したの?」などと、尊敬の念をもって尋ねるものだが、韓国ではそうならない。

料理人なんて誰もできる

韓国では、料理人とは「他人が食べる飯を作る“つまらない職”の人」でしかないからだ。「料理人なんて誰でもできる仕事」という認識なのである。そんな状態だから「板前気質」など育たない。

韓国料理は皿の数で勝負!?

韓国料理の世界には、「五色」という考え方はあるが、日本料理のような見た目の美しさにこだわり、器も含めて「目で楽しむ」という食文化はほとんどない。
韓国で街の料理店に行けば、キムチやナムルなどを盛った小皿が次から次へと出てくるが、そこに手の込んだ料理は少ない。

皿数だけで勝負している。こだわりを持つ「料理職人」が少ないことの象徴だろう。韓国に「老舗」が少ないのも、料理人が蔑まれていることの結果と言える。

<via livedoor>

2:2015/10/28(水)11:04:54 ID:

残飯料理を出していたら

3:2015/10/28(水)11:21:50 ID:

明洞の料理店に日本人観光客が来たとき厨房スタッフが日本人観光客の料理に犬の糞を混ぜ入れていた
料理を食べ終えた日本人観光客が店から出たとたん店内のスタッフ全員が大爆笑していた

4:2015/10/28(水)11:25:47 ID:

キムチさえ有れば幸せ民族だからなw
本質までパクれないから、いつまでたっても朝鮮人w関わりたくないねぇw

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445997440/l1000

 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑