*

【アメリカ】偽物のウォーホル作品を展示していた!?

公開日: : 北アメリカのニュース


 ウォーホル作品、実は偽物=すり替え気付かず数年展示か

米ロサンゼルスの映画編集会社が所有し、社内に展示していた米ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホル(1928~87年)の作品が、カラーコピーにすり替えられていたことが10日までに分かった。

盗まれたのはいつ!?

数年前に盗まれた可能性もあり、同社は偽物と気付かず展示し続けていた。作品は「絶滅危惧種」など80年代に制作されたシルクスクリーン版画の計9枚で、総額35万ドル(約4200万円)相当。

ロス市警が捜査

盗まれた作品の一つに似た作品が2011年10月に競売で落札されており、ロス市警は競売会社に情報提供を求めたという。

<via 時事ドットコム>

3:2015/09/11(金)20:23:10 ID:

ガラスで守られたりしてると、コピーでも分からんかもしれない

4:2015/09/11(金)20:26:05 ID:

こんなことあるんやねぇ

8:2015/09/11(金)21:05:33 ID:

ルーブル美術館のモナリザは本物か?

9:2015/09/11(金)21:08:43 ID:

元々わかりにくいよね

10:2015/09/11(金)21:08:50 ID:

ま、一般人が見る上にガラスケースの中だからコピーでも違いは判らんがなw

11:2015/09/11(金)21:14:37 ID:

>>9
ウォーホルの作品て元々印刷物じゃないのか?
シルクスクリーン、でさえないんじゃねえの?

12:2015/09/11(金)21:25:25 ID:

本人が生きてたらそのコピーにサインするだろう、で更に価値が上がるw

13:2015/09/11(金)21:33:35 ID:

盗品かどうか十分に調べなかった競売会社はどうなるんだ?

15:2015/09/11(金)22:12:34 ID:

シルクスクリーンてあれか
電子基板にハンダ乗せるときと同じ手法か。

あれも印刷だから、コピー品の違いって大差ないと思うが
見る人が見ればわかったってことか。

16:2015/09/11(金)22:28:04 ID:

シルクスクリーンは塗料が厚く盛られてるから近くで観たらコピーとの違いは直ぐ判る

23:2015/09/13(日)00:24:42 ID:

正直こんなのが高値とか理解できない

24:2015/09/13(日)00:26:46 ID:

あの手の作品ならまあ気付かんやろw
筆のタッチとかそんな微妙なもんないじゃんね

27:2015/09/14(月)10:14:50 ID:

>>23
ウォーホルの作品はボップアートを世に広めた、と言う歴史的価値が大きいのでコレクターが欲しがる
部屋に飾るなら本物でもコピーでも変わらないとは思う
引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1441969504/l1000
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑