*

【アメリカ】プリウスの『バッテリー盗難』が多発するのは何故!?

公開日: : 北アメリカのニュース


1:2015/05/23(土)19:40:34 ID:

アメリカでバッテリー盗難が増加

大ヒットした第2世代プリウスの「バッテリー交換」が必要な時期にさしかかっているいま、カリフォルニア州ではプリウスのバッテリーの盗難が増加している。

高額なバッテリー

トヨタ「プリウス」のバッテリーパックを交換するのにかかる費用は馬鹿にならない。保証期間が過ぎていると、米国では約2,500ドルかかる。不思議なことに英国では大幅に安く、トヨタによるとわずか800ポンド(約15万円)だ。

第2世代プリウス

2003~09年に販売され大ヒットした(結果として大量に出回っている)第2世代プリウスがいま、バッテリー交換が必要な時期にさしかかっている。

また2009年に発売された第3世代プリウスも、そろそろバッテリーが弱ってきたものが出てきているころだろう。こうしたバッテリー交換の需要の高まりを受けたのか、カリフォルニア州ではプリウスの「バッテリー盗難」が増加している。

<via wired.jp>

4:2015/05/24(日)17:08:50 ID:

わざわざバッテリー外すより車ごと盗んだほうが早いだろ
ということは犯人は…

5:2015/05/24(日)20:54:34 ID:

イギリスに密売されてるってこと?交換時期に差し掛かる→需要が増える→米で盗んで、英で充電して売る?

プリウスの「バッテリー盗難」が多発している! ≪ WIRED.jp
http://wired.jp/2015/05/23/prius-batteries-being-targeted/
>プリウスのバッテリーパックにはシリアル番号や車両識別番号(VIN)がないため、
>簡単に売りさばくことができるのだという。

6:2015/05/25(月)00:46:36 ID:

スレタイだけで、犯人の国籍が分かってしまったぞい

8:2015/05/25(月)20:40:43 ID:

これはトヨタが全額保障すべき
引用元:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1432377634/l1000
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑