*

【インド】認知症少ないインド人『秘密はカレー』!?

公開日: : 最終更新日:2015/05/26 アジアのニュース



ソトゴトニュース


170b4a58.jpg

認知症少ないインド人 秘密は“カレー”にあった

インド人は認知症の発症率が少ないと言われている。その理由は、食生活にあるという。最新の報告や研究をもとに、その理由と食べ方を紹介する。

アメリカの4分の1

インド人のアルツハイマー病の発症率は、アメリカ人の約4分の1だという。金沢大学の山田正仁教授の研究チームはカレースパイスに含まれる成分、クルクミンの認知症予防効果の研究をしている。

クルクミン

クルクミンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用や抗炎症成分があることが以前から知られている。私たちはアルツハイマー病の脳の変化に特別な効果があるかどうか実験しました。まず試験管内でアルツハイマー病の脳の病変の状態を再現し、クルクミンがそれを阻止するかどうかを調べました」

クルクミンを「加えないもの」と、「加えたもの」を試験管で経過観察すると、加えたものではアミロイドβタンパクがくっついて固まるのを大幅に抑えた。

「ある種のポリフェノールにはアミロイドβタンパクが集まるのを抑えるだけでなく、すでにたくさん集まったものを分解する作用があることもわかりました」

またアルツハイマー病にしたモデルマウスにクルクミンを投与すると、オリゴマーと呼ばれるアミロイドβタンパクの固まりができにくくなることもわかった。

山田教授は、αシヌクレイン酸という異常タンパクが脳内にたまるレビー小体型認知症への効果も研究した。「いずれも人では証明されていない」というが、実験ではクルクミンの成分に効果があるのは確かだ。レシチンがクルクミンの吸収を促進するという研究者の報告もあるので、きな粉入りカレーもおすすめ。

<via週刊朝日>

2:2015/05/19(火) 19:01:32.16 ID:

ほんでもインドは痛風が多いよ
カレーの食いすぎでな

3:2015/05/19(火) 19:04:23.37 ID:

へぇーじゃあ野菜ジュースみたいに1日1杯飲むわー

4:2015/05/19(火) 19:38:35.99 ID:

よし、明日から三食カレーだなまあ、俺は心配ないとは思うが

5:2015/05/19(火) 19:57:55.93 ID:

トマト入りのスムージーにカレー粉も入れて飲んだらどうだろう

6:2015/05/19(火) 19:58:37.00 ID:

>>1
世界の平均寿命ランキング
ttp://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2012_life_expectancy.php
インド→65歳(135位)
日本→83歳(1位)

カレーがどうとかいう問題ではないのでは・・・

7:2015/05/19(火) 20:05:18.11 ID:

>>1インド、認知症が少ないのはその前に死んじゃうヒトが多いからだろ。

さすがは捏造のアサヒ余裕だな

8:2015/05/19(火) 20:07:35.21 ID:

>>6
だよな、認知症の発症率って年がいくほど幾何級数的に増加するはず

9:2015/05/19(火) 20:28:27.25 ID:

三食カレー生活4日まで続けた事有る。それ以上は心臓の動悸が激しくなって無理だった。

10:2015/05/19(火) 20:31:15.48 ID:

牛食わないからじゃないかなー
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1432028520
 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑