*

【インド】12万人の公務員に生体認証を導入して退庁時間を監視する!?

公開日: : 最終更新日:2015/05/26 アジアのニュース


cd9ed2a4.jpg

インドで生体認証導入へ

インドで生体認証導入し公務員の粛正対策、退庁時間など監視香港モディ首相率いるインド政府は7日までに、官僚による勤務先への出入り時間などを日々記録する電子機能や生体認証を利用した監視システムを導入したことを明らかにした。

12万人が監視の対象

行政の透明性を確保し、汚職根絶や官僚管理の改善を見すえた措置。業務をさぼったり長過ぎる昼食時間が減るなど、全国の省庁に勤める約12万人の官僚の適正管理が可能になると期待している。お役所仕事が目立つインドの官僚制度は経済成長の障害になっていると長年指摘されていた。

ウェブサイトでも閲覧可能に

システムで得られた情報は特設のウェブサイトでも公開し、デジタル式図表で平均的な出入り時間が把握出来る。
出勤の個人的データも読み取ることが可能。

眼球の光彩を使う!?

このシステムによると、生体認証システムは約4000カ所の省庁などで導入。官僚は特別な身元証明カードや指紋や眼球の虹彩を使って勤め先に出入りする。

<via cnn>

2:2015/05/09(土)12:08:04 ID:

すげー

3:2015/05/09(土)19:26:53 ID:

システムの導入コストがとても気になるが
「公僕という仕事」の、ある種の理想形なのかもしれない
引用元:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1431100053/l1000
 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑