*

【ギリシャ】『マルサの◯◯』観光客、学生、主婦を採用!?

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 ヨーロッパのニュース


032fc12f.jpg

観光客を税査察官に、ギリシャが新たな税逃れ防止策

ロンドン(CNNMoney) 財政破綻回避に向けた対応を迫られているギリシャ政府が、 観光客や主婦を覆面査察官として採用し、税逃れに目を光らせる計画を打ち出した。

雇用期間は2ヶ月

この計画は、9日のユーロ圏財務相会合を前にギリシャ政府がまとめた改革案に盛り込まれた。 英紙フィナンシャル・タイムズによると、学生や主婦、観光客などを大量に採用し、 客を装う方法などについて簡単な研修を受けさせた後に、覆面査察官として働いてもらう。 雇用期間は最長2カ月。

覆面査察官

覆面査察官には隠しマイクとビデオカメラを装着してもらい、 例えばナイトクラブ経営者や医師などによる税逃れの証拠をつかむことを目指す。財務相は書簡の中で、 「何千もの目が光っているというニュースが流れれば態度は変わるはず」と述べ、 税逃れ防止効果に期待を示した。

<via CNN>

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑