*

【アメリカ】『スペースX』ドラゴンは成功、ファルコン9は着陸失敗



ソトゴトニュース


f802f8cf.jpg

スペースX、着陸失敗も・・・

米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は10日、同社のロケット「ファルコン9(Falcon 9)」を打ち上げた後に海上プラットホームに着陸させようとしたが、ロケットがプラットホームに激突して破損し、ロケットを再利用する試みが失敗に終わったと発表した。

スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者はマイクロブログのツイッター(Twitter)で、「ロケットはドローン・スペースポート船(訳注:プラットホームのこと)にたどり着いたが、着陸が激しかった。今回は惜しかった。だが将来的にはうまくいく兆候もあった」と書き込んだ。

スペースXは12回にわたって物資補給船をISSに送る16億ドル(約1900億円)の契約NASAと交わしており、今回が5回目のミッションだった。

スペースXとは・・・

スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ、通称スペースX(英: Space Exploration Technologies Corporation、SpaceX)は、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)を業務とするアメリカ合衆国の企業である。2002年にインターネットベンチャー企業PayPalの創設者、イーロン・マスクにより設立された。
最終的には再利用可能にすることを目指す打ち上げロケットファルコン1、ファルコン9、ならびにファルコン9で打ち上げるドラゴン宇宙船を開発している。スペースXは、費用と品質を管理するために、大部分のコンポーネントを自社で開発しており、その中にはマーリン、ケストレル、ドラコといったファルコンロケットで使われているロケットエンジンドラゴン宇宙船が含まれる。

2014 | SpaceX Year in Review

ドラゴンは成功

スペースXでは過去2度、ファルコン9の速度を空中で停止する状態になるまで減速させたのち、海に着水させる実験を成功させていた。今回の打ち上げの主な目的は、ロケットの問題から最近2度延期されていた無人物資補給船「ドラゴン(Dragon)」の軌道投入で、こちらは成功に終わった。

米航空宇宙局(NASA)によると、2.2トン余りの物資を搭載した補給船ドラゴンはグリニッジ標準時(GMT)12日午前11時12分(日本時間12日午後8時12分)にISSに到着する予定だという。

ドラゴンとは・・・

ドラゴン(英語: Dragon)は、ファルコン9ロケットによって打ち上げられる宇宙船である。この宇宙船は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の商業軌道輸送サービス (COTS) の契約に則り、スペースX社が開発しているもので、国際宇宙ステーション (ISS) への物資補給を目的としている。2010年12月に初の試験飛行を行い、軌道を2周したのち帰還し、商業的に開発され運用された民間宇宙機としては史上初となる回収に成功した。2012年5月には、同様に民間機としては史上初となるISSへのドッキングにも成功している。

SpaceX Dragon V2 | Flight Animation

<via:afpbb>

 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑