*

【サウジアラビア】サルマン新国王『皇太子殿下は親友であり,日本を愛している』

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 アジアのニュース



ソトゴトニュース


5614158c.jpg

サルマン新国王と皇太子殿下

1月23日,アブドッラー国王が崩御したことを受け,1月25日,皇太子殿下及び福田康夫政府特派大使は,サウジアラビア王国を弔問のため訪問した。

サルマン国王との懇談

同日午後7時49分から,皇太子殿下及び福田政府特派大使は,リヤドのヤママ宮殿にて,サルマン新国王,ムクリン新皇太子,ムハンマド・ビン・ナーイフ新副皇太子に対して天皇陛下の御弔意を伝達になり,弔意を表し,サルマン国王と懇談された。

日本を愛している

懇談においては,皇太子殿下より,皇太子同妃両殿下のサウジアラビア御訪問について故アブドッラー国王陛下(当時皇太子)に親しく接遇していただいたことに感謝し懐かしく思い出しますと述べられ,サルマン国王からは,殿下は親友であり,日本を愛しているとの発言がなされ,心のこもった和やかなやりとりが交わされた

<via 外務省>

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑