*

【中国】止まらない環境破壊、たった10年で九州と同じ広さの湿地が失われた!!!

公開日: : アジアのニュース



ソトゴトニュース


01cf94b7.jpg

339万ヘクタールが消えた・・・

中国国家林業局は、ここ10年で九州の面積に迫る約339万ヘクタールの湿地が消えたとの調査結果を公表した。国営通信、新華社傘下の中国紙、経済参考報によると、国家林業局は、湿地の急速な消失により「安定した農業生産や自然災害の防止が脅かされている」との危機感を示した。

保全意識の低さ

中国は貴重な湿地の保全を目指すラムサール条約に1992年に加盟。黒竜江省などの46カ所の湿地が条約湿地に登録されている。湿地は生態系維持に重要な役割を果たしているが、保全意識の低さから、埋め立てや開発に歯止めがかからず、管理強化に向けた法整備が急務となっている。

取り締まる法律が無い!?

埋め立てや干拓、インフラの建設による破壊が湿地消失の主な原因となっている。保全対象地域での乱開発も後を絶たないが、こうした行為を規制する全国規模の有効な法律は整備されていないという。

<via:産経ニュース>


ネットの反応


 

2:2015/01/02(金)00:35:17 ID:

目先の欲には滅法弱いんだな…

 

3:2015/01/02(金)00:43:21 ID:

環境破壊が大好きなんですね(´・ω・`)

 

4:2015/01/02(金)00:54:36 ID:

>埋め立てや干拓、インフラの建設による破壊が湿地消失の主な原因

中国の場合だと、破壊してるのも危惧してるのも国って事ですよね?

 

5:2015/01/02(金)01:40:48 ID:

あいつら放っておくと地球を破壊するよ、誇張抜きに。それを止めるには
滅ぼすしかない。
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑