*

【アメリカ】320万円かけた警察犬を解雇した理由は・・・

公開日: : 最終更新日:2015/05/29 北アメリカのニュース


1:2014/12/03(水)16:48:09 ID:

米オレゴン州で最も人気のあるリゾート地で、映画「グーニーズ」の
ロケ地としても知られるキャノンビーチ。そんな街を守ろうと、
日夜公務に励む警察組織は、2万7000ドル(約320万円)を投じて
一頭の警察犬を登用することにしていたが、“とある事情”で
解雇しなければならなくなった。その警察犬、実は高所恐怖症だったのだ。

警察犬や麻薬探知犬として任務に就くことの多い犬種、
ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア。キャッシュと名付けられた
このわんこも適性を見込まれ、任務に就くまでの長く厳しい訓練に
勤しんでいた。捜索救助の実績もあり、期待されていたが、高所恐怖症で
臆病さからつい吠えてしまうという性格が露見してしまい、警察からは
任務に不向きであると断じられ、職を解雇されることに……。

米紙デイリー・アストリアンなどによると、キャッシュは室内では優秀な
様子を見せていたものの、屋外になると「別の犬のようだった」と報じられている。
高所恐怖症なだけでなく、麻薬の探知訓練の最中でもその存在に気づいて
吠えるのだが、実際にその在処の場所までは行かない弱腰な態度で、
解雇までの1か月、トレーナーは必死に訓練に付き添ったが改善される
ことはなかった。キャッシュは元の捜索救助犬として任務に戻っていき、
警察はラブラドール種の新しい警察犬を待っているとのこと。

<via livedoor>

2:2014/12/03(水)17:03:15 ID:

お座敷犬ならぬお座敷警察犬だとおう?
せ、専業犬ってことで一つ
3:2014/12/04(木)12:25:26 ID:

難しいんだよな
確か気性が荒すぎてもダメなんだよな
手に噛みつくんじゃなくて喉元狙うわんことか
元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1417592889/
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑