*

日中戦争はいつ起こるか?

公開日: : 最終更新日:2015/10/28 アジアのニュース, 日本のニュース


1:2014/03/12(水)01:24:29 ID:

日中開戦Xデーは7月7日盧溝橋事件の日説、12月8日真珠湾攻撃の日説、
12月26日毛沢東生誕120周年の日説がありましたが、実際はいつ起こるか?
もしくは次は何月何日説が出てくるかを議論しましょう。

2:2014/03/12(水)01:26:36 ID:

中国は戦線維持できないでしょう
3:2014/03/12(水)08:09:29 ID:

2016年の9月
4:2014/03/12(水)14:57:16 ID:

遅かれ早かれいつかは軍事衝突するとおもう
5:2014/03/13(木)05:29:52 ID:

中国の軍備が揃うのは最短5年、今のペースなら10年先
余程馬鹿じゃなければあと10年は戦争にはならんよ

第二次大戦も危ない危ないと言いだしてから開戦まで10年以上かかっているしな

6:2014/03/13(木)14:52:23 ID:

その前に経済崩壊が、先そうぽい♪
しかし中国戦争始めたらチベット・ウイグル・内モンゴルの独立♪インド・ベトナムの国境争い♪アメリカも中国のアメリカ国債チャラにするき満々だし♪ロシアは、フルボッコされたあとの中国領土かすめ取るだろうし♪国内の反政府もいるしこれで逆転勝利を納めたら尊敬する♪
7:2014/03/20(木)04:32:35 ID:

日中が衝突になっても戦力的には中国海軍は瞬く間に海の藻屑
空軍も大したことは無い。
問題は尖閣、石垣に押寄せてくる民兵。
沖縄、および主要都市で暴れる在日中国人とそれに便乗する韓国人が厄介。
さら、日本国内のマスコミ、宗教団体などがたちが悪い。

こいつらの息の根をどうやって止めるかだ。

8:2014/03/28(金)03:34:57 ID:

可能性はあっても
戦争にはならないだろう。
中国は、経済・内政の崩壊、汚職腐敗、殺人的公害、巨大な軍事予算で
戦争をする余力が無い。
9:2014/03/29(土)09:04:39 ID:

中国の今の経済成長と軍備拡大が右肩上がりで10年続けば可能性は十分あるだろうな
まぁ国が豊かになると権力闘争からの衰退があの国のお家芸ですが
10:2014/04/03(木)14:22:40 ID:

軍事衝突までには到らない。
何故なら、韓国を板挟みに日米を牽制している現状こそが、支那にとっては最も国益に叶う外交戦略を展開出来るから。

これ以上韓国に距離を詰められても、距離を置かれても美味しくない。
支那は韓国や北朝鮮が日米(主に日本)から吸い上げていた旨味を、そっくりそのまま頂戴したいだけ。

11:2014/04/03(木)14:33:52 ID:

>>10捕捉

支那の狙いは半島の資源や領土その物ではなく、南北ともに問題児であり厄介者だと世界に認識させ、支那こそが南北朝鮮を仕切れるキーマンだと認識させる事こそが最大の狙い。

そうすれば、南北が国際社会で問題を起こす度に支那に金が集まり、また世界から孤立した南北はより深く仲介役である支那に依存する事になる。

12:2014/04/03(木)14:44:15 ID:

そうすれば、南北朝鮮は支那にとって無限に利益を産む『金の成る木』となる。
現状こそが支那の理想、だからこそ北の暴走を牽制する意味でも南と接近し、北と距離を置いたのでは、と。
13:2014/04/03(木)16:25:13 ID:

中国って自国でエネルギー自給できるの?

できなきゃシーレーン防衛で日本はインド海軍や東南アジア諸国と
連携できれば中国を干上がらせることは可能

問題はロシアの立場と核兵器

14:2014/04/03(木)20:56:07 ID:

春に攻めてくるんじゃなかったのかよ、中国
自衛隊も米軍もニートも待ちくたびれてんぞ
15:2014/04/03(木)21:10:40 ID:

>>13
ロシアは火事場泥棒じゃないか?
16:2014/04/03(木)23:22:39 ID:

>>15
火事場泥棒でもなんでも、日露で連携取れれば中国包囲網が完成する。

逆に中露で連携とられると、いくらインド東南アジアアメリカと協力しても中国と正面切って戦うのは難しい
外内モンゴルとウイグル、チベット保護してもらえりゃ満州あげてもいいくらい
朝鮮は、米露間の緩衝地帯になってもらう

17:2014/04/04(金)16:11:41 ID:

ロシアがS400防空システムを中華に売るって言ってますが
18:2014/04/04(金)16:13:05 ID:

なんでロシアなんて国を信用できるのかね?
あの中川昭一ですら、ロシアを過剰に信用していて萎えたんだけど

中露は「揃って敵だ」と認識しないと間違ってる

19:2014/04/04(金)17:10:49 ID:

中露敵にまわせることは無理でしょ。
ロシアには傍観しててほしい

中国もロシアも腐っても超大国なわけですし
中露連携されたら本当に日本は終わる

20:2014/04/04(金)17:27:08 ID:

冷戦時代は中露揃って敵だったんだけど。
と言うか戦前からずっと中露は敵だったよね?
日本が本気になれば良いだけの話のようなきがする。
21:2014/04/04(金)18:04:43 ID:

ソビエト連邦が崩壊してロシアがより洗練された外交が出来るようになったみたいに、大朝鮮支那共和国もそろそろぶっ壊れていい頃合いだろ。

外圧に頼ってる内は支那も北朝鮮も変わらない、国民が真に生活を変えたいと望むなら他国との戦争など煽らず、共産党体制や金王朝を内側から淘汰する為に全精力を傾けるんだな。

22:2014/04/04(金)18:56:03 ID:

冷戦時は、ソ連は主に米国とメンチ切ってたし、日米間も今より親密だった

しかも中国は強くなった、核の有無でだいぶ違う

23:2014/04/04(金)20:18:58 ID:

>>22
高度経済成長時代に、憲法改正と再軍備が出来なかった政治家と官僚の無能の責任だよね
あの時代にちゃんとやっとけば、今こうして脅威に怯えなくても済んだんじゃないの?

岸信介も日米安保じゃなくって憲法九条改正と抱き合わせで退陣すれば良かったのに……

24:2014/04/11(金)18:40:25 ID:

日中戦争終わったら、アメリカと中国で日本分断統治するん?
25:2014/07/22(火)07:14:55 ID:

日本人は無敵だ。
原爆と福島で放射能に対する耐性がある。
だから、何百発落とされても平気の平左。
何発か落とされるうちに報復すればいい。
大和魂に敵はない。
26:2014/07/22(火)09:37:37 ID:

>>25
そんな妄想じみた空理空論をもてあそんでるから戦争に負けんだよ
やるからには勝たないといけない
万が一にも負けてはならない
その為には現状に満足せず、できる限り最大限の軍備を蓄える事が必要
そして例え最大限の軍備を蓄えたところで、今川義元の桶狭間の如く覆される危険性は変わらないのだから、慎重に慎重に行動しなければならない

結局、
『兵は凶器、戦は危事、勇は恃むべからず、勝は、必とすべからず』
という昔のことわざこそが正しいんだよ

27:2014/07/22(火)16:10:13 ID:

資本主義発展段階に於ける成長の限界と東アジアの今後 1

資本主義と言うのは、どこか、ネズミ講に似たシステムだ。株価を高水準に維持しようとすれば、創業時の業態が時間の経過とともに、変容するのは避けられない。

業務形態の変容とは、製造業で業績を上げた企業がM&A(mergers and acquisitions、合併と買収)ビジネスにどっぷり漬かるような類いの事だ。資金調達は株式だ。その高い配当の約束は゛講゛の会員勧誘を連想させる。この無限連鎖講の最も運の悪い人は、最高値で株式を購入した人だろう。

支那は、この世界資本主義と言う無限連鎖講システムに己が沿岸都市部を二十一世紀の゛阿片窟゛として、提供する国策を鄧小平の時代(二十世紀末)に採用した。すなわち、国内労働者の流す汗を国際資本主義システムに売ったのである。

一見、豊かになったように錯覚させられるが、比較対象である過去の自画像(文革直後の国情)が、超絶、貧しかっただけの事である。

28:2014/07/22(火)16:11:23 ID:

資本主義発展段階に於ける成長の限界と東アジアの今後 2

支那に纏(まつ)わる資本投下→生産→販売(商品市場)→売り上げ→配当のサイクルは当然ながら、゛永久運動機関゛ではない。世界人類の人口=世界マーケットの規模、購買力の限度内のゼロサムゲームだ。

このシステムの新規の参入者、ベトナム、インド、フィリピン等々と言う競争相手と有限である世界マーケットを分かち合わなければならない。

しかし、そうなれば、支那の未開発地域、農村部を近代化させ、農業を採算ベースに乗せる為の政策、農業従事層を商工業従事層にシフトさせ、農村の一人あたりの生産性を向上させると言う支那共産党政府の究極の国策は、完全に破綻する。

ベトナムやインド、フィリピンにマーケットを奪われ、国内工場の売り上げが頭打ちになれば、経済成長にブレーキがかかり、工場は雇用調整に走り、農村の余剰労働人口を吸収出来なくなるからだ。

29:2014/07/22(火)16:12:32 ID:

資本主義発展段階に於ける成長の限界と東アジアの今後 3

世界の人民は支那の人民だけが、豊かになりたい、と願っている訳ではない。バングラデシュ、ベトナム、スリランカ、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア。これらの人口の合計は五億を下るまい。敢えて、インドをカウントせずに例を挙げた。

日本の技術移転の方向性は最早、趨勢は定まっており、支那、南鮮には、重要な技術移転はなされない。理由は、支那、南朝鮮両国の国策としての反日提携が明らかとなったからである。

故に、世界資本主義と言うゼロサムゲームの次の成長点は東南アジア、インド洋、太平洋である。この次世代のマーケットの覇者である非チャイナ、非サウスコリアのアジア、インド洋、太平洋諸国の台頭は、支那の経済成長を劇的にストップさせる。支那は内政の不振から、国情不安定となり、到底、我が国に挑戦する余力を持てなくなる。

30:2014/07/22(火)16:13:35 ID:

資本主義発展段階に於ける成長の限界と東アジアの今後 4

アメリカ合衆国の農業を見よ。その農業従事人口は国内全人口の1.5~3.0%の間だ。おそらく、1%台だろう。農業は国内全人口の1~3%の従事者でも、なおかつ、アメリカの農業は世界市場を必要とする(国内マーケットだけでは農民を養えない)。

それに対し、支那が農業従事人口は?おそらく、全人口の三割を越えているだろう。実に、アメリカの十倍~三十倍の農業従事者である。

支那は、この農業従事者を他の業種にシフトしたい。一人っ子政策の理由だ。それには、経済成長しかない。だが、その経済成長はアジア、インド洋、パプアニューギニアの後発新興国家群とそれを技術支援する我が国の前に打ち止めとなるのである。

戦争など、不要である。平和的技術支援を続行するだけで、張り子の虎である支那労農政権は瓦解する。

31:2014/07/22(火)16:37:25 ID:

上記1~4の補足。

西ヨーロッパ、北米の資本が今後も支那に資本投下すると言うのであれば、それに対し、我が国は太平洋沿岸、インド洋沿岸の非チャイナ、非サウスコリアの国家群への融資、技術支援を続け、邦人企業の進出、現地合弁事業の設立等によって、ガチンコの経済成長の競争を挑めばよいのである。

我々に必要なのは支那や南鮮のマーケットではない。故に、我々の未来の経済共同体はインド洋、太平洋沿岸のシーパワー及び、リムパワーの国家群を包含する域内自由貿易連合である。

32:2014/07/23(水)19:03:21 ID:

>>25
戦争の最大の罪は負けること
絶対に負けないように万全の体制を整えておくべき
33:2014/07/31(木)23:27:41 ID:

2015年の7~12月かな
34:2014/08/04(月)03:18:43 ID:

それまでに日本国内の中華人民共和国国防動員法対象者をどのくらい減らせるか、増やせるかが勝負だね。
35:2014/08/05(火)00:18:42 ID:

日本から宣戦布告して支那犬畜には帰国いただくから、あまり混乱は無いと思う。
退去命令が出てるのに隠れる輩を炙り出すのは一苦労だけど…
36:2014/08/05(火)01:59:21 ID:

>>35
もう数では警察自衛隊在日米軍を圧倒しているよ。それで、オスプレイの導入とあの導入反対運動になったわけだ。
今から退去して貰うようにして、国内の国防動員法対象者を大使館職員だけにしてしまえば戦争は確実に回避出来る。
37:2014/08/05(火)11:00:38 ID:

>>36
もう戦争は確定だろーな。でなきゃ朝日が土下座とかありえん。
38:2014/08/05(火)12:30:02 ID:

>>37
勝ち目があるから、日本に戦争を仕掛けようとするのであって、長年に渡り手間隙かけて工作して増やしてきた日本国内の国防動員法対象者を国外に退去させてしまえば戦争を仕掛けてくることは無い。

死活的な利害の対立があれば、戦争を仕掛けて来る。原発を再開して、化石エネルギー争奪戦から日本は降りるべき。

39:2014/08/05(火)12:52:15 ID:

>>38
甘いと思う。第2砲兵はやる気。
あと支那ではなく日米露印豪ウイグルあたりの動向から…支那ではなく日本がしかけると思うよ。
両者がやる気なんだから在日支那人なんて駒の一つにすぎんと思うが…
しかし、どちらがどうしかけて開戦するか…予想するのは楽しいw

あと戦争原因は資源じゃなくて捏造歴史かな。支那の発表とか良く読むと、尖閣とか棚上げでいいが歴史だけは引かない。
建国神話で国体の捏造歴史を捨てたら支那崩壊なんだろうね。

40:2014/08/06(水)11:49:06 ID:

>>39
第二砲兵は、自分達は安全なところからミサイルを日本に撃ち込むだけだからね。日本が艦対地や地対地ミサイルを持ってないから。

日本迄出かけて、沈められたり叩き落とされたりする海空軍や一緒に沈められる陸軍は堪ったもんじゃない。

自国の領域から中華人民共和国の実効支配地迄飛ぶ対地ミサイルを持っていない日本がどうやって仕掛けるの?
戦争が起こるとしたら日本の領域内で勃発する。それには、日本国内で破壊活動をする国防動員法対象者という死兵の存在が不可欠というのが彼らの考え方。

独自の抑止力として、第二砲兵があてにしている朝鮮半島のミサイルを破壊出来るように艦対地ミサイルは配備した方がいいけど。その程度で第二砲兵に対するある程度の抑止力にもなるし。

基本的に敵地攻撃は米軍の役目で、第二砲兵の強気の中身は、米軍が敵に回らないように習近平に何とかして欲しいと願う淡い願望。

で、米軍の方は第二砲兵を吹き飛ばして、習近平が直属のミサイル部隊で国内と外国に対するミサイル恫喝が出来なくなるようにすれば政権崩壊と、よく解ってるよ。

百万都市を幾つも抱える中華人民共和国の中央政府が、発電用の化石エネルギー資源を確保出来なくなったらどうなるかな。隣の大口需要国が物理的に消滅するだけで一息つける。だから戦争を避けるためには原発再開。

抗日や対日戦勝は中国共産党を特別な存在にはしないよ。実際共産党は奥地で逃げ回りながら対国民党の根拠地を造ろうとしてただけだし、ポツダム宣言の抗日三か国は中華民国だし、当時の世界中の国が抗日で対日戦勝国なんだから。

抗日継続のために黄河や長江の堤防を破壊したり漢奸狩りをしたり何百万も自国民を虐殺してしまって人民の恨みを買っていたので中華民国を戦勝国にした腐敗していた国民党は共産党に敗れた。
まあ、共産党がそうした抗日を国民党に要求したり工作したんで、それは共産主義者の祖国であるソ連邦を日本が攻撃しないようにするためだったんだけどね。

中国共産党は国共内戦で人民に支持された原点に戻るべきで、それは党員の規律と無所有だよ。

41:2014/08/06(水)12:40:25 ID:

支那なんぞほっといても自滅するわい。攻撃手段が無いとか言ってるアホはほっといて、海上封鎖で桶♪
なんもせんと先勝国w
せんべい風に言えば 日本大勝利! つーやつやなw
42:2014/08/06(水)12:43:40 ID:

まず海上封鎖できる戦力は?
日本の海上自衛隊だけで可能だと思ってんの?
中央アジアやパキスタンを経由して陸路や空路から資源を輸入する可能性は?

なんだ、この妄想楽観論者?

43:2014/08/07(木)05:50:16 ID:

攻めてくることはない
国防動員法だけやるだろう
捨てゴマだけ

やりたいことはネットの遮断

日本国内の浄化が一番重要

そして国力を上げるには
増税やめて国防費を罪務省から
もらわないと

でも、麻生は増税派だし…

増税して更に不景気になり
安倍首相は失脚させられ
国防どころじゃなくなる

売国奴が当選したら
国防動員法で日本はメチャメチャになるだろう

45:2014/08/11(月)10:58:58 ID:

中国共産党の、コキタナイ工作員?
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑