*

元寇の神風、本当に吹いた!?神風伝説の証拠が見つかる!!

公開日: : 最終更新日:2014/11/09 日本のニュース



ソトゴトニュース


548272d7.jpg

神風に救われた日本!?

1200年代、モンゴル帝国の皇帝フビライが日本に攻め込んだとき、嵐が船団を壊滅に追い込んだと伝えられている。湖の堆積物を調べた結果、この伝説が事実である可能性が出てきた。

皇帝フビライが治めるモンゴル帝国の船団に攻め込まれた日本は、2度も神風に救われたという言い伝えがある。

神風伝説の一部が事実である証拠

マサチューセッツ大学アマースト校の生態学者ジョン・ウッドラフ(Jon Woodruff)氏は、13世紀に日本を守った台風並みの強風、“神風”の伝説の一部が事実である証拠を見つけたと主張している。

ウッドラフ氏は神風の証拠を突き止めるため、沈没した大船団の一部と考えられている残骸が発見された場所からほど近い湖の底を調べた。

「大気や海の状態が地政学的に重大な影響を及ぼした最古の事例の1つだ」とウッドラフ氏は述べている。

神風の伝説

13世紀、モンゴル帝国の初代皇帝チンギスの孫フビライは既に中国の大部分を征服し、帝国の拡大を企てていた。そして、九州に攻め込むため、中国と朝鮮の軍勢を従えて巨大な船団を組んだ。ウッドラフ氏によれば、14万人以上で構成される史上最大級の船団だったという。

1274年と1281年の2度にわたって対馬海峡を渡ったが、圧倒的な力を誇る船団は2度とも壊滅した。言い伝えによれば、天皇が神風と呼ばれる巨大な嵐を呼び、フビライの船団はそのほとんどが沈没したという。

2度の嵐が神の定めだったかどうかはさておき、この伝説には1つの問題点がある。船団に攻め込まれた九州は現在、強力な台風が比較的少ないという事実だ。歴史学者たちはむしろ国を守った日本軍を称賛している。

ウッドラフ氏のチームは沿岸部の湖の底から、500年前の九州は現在より台風が多かったことを示唆する堆積物を発見した。しかも、そのうち2つの堆積層は神風の伝説の基となった台風によってつくられた可能性がある。

「13世紀後半に2度の大洪水が起きたことを示すかなり強力な証拠だ」とウッドラフ氏は自信を見せる。ウッドラフ氏は10月21日、アメリカ地質学会の会合で研究成果を発表した。

<via:nationalgeographic>


ネットの反応


2:2014/11/07(金)00:46:08 ID:

地層で台風が起こった時期とかわかるんだな

3:2014/11/07(金)00:56:18 ID:

超古代兵器の一つだから!
まだまだあるぜw

4:2014/11/07(金)01:18:31 ID:

台風は毎年似たような時期に似たようなコースを通る。
九州の武士や水軍がこの時期を知らなかったわけがない。

5:2014/11/07(金)03:06:58 ID:

後の気象兵器である。

6:2014/11/07(金)04:22:51 ID:

wikiにはこうあるが

元寇 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87#.E7.A5.9E.E9.A2.A8
>日本からの撤退途上で暴風雨に遭遇したとなっており[164]、
>暴風雨は勝敗要因とは無関係の事象であった。

7:2014/11/07(金)05:51:12 ID:

九州は台風多いけどね
外人は相変わらずトンチンカン

8:2014/11/07(金)06:18:43 ID:

高麗・元の連合軍に対して、日本武士団は勇敢に戦った。
本来、蒙古軍は上陸して野戦・野営をおこなったが、日本軍の夜襲により大きな被害を出した。
従って、沖合の軍船の中宿泊するしかなっかたが、日本軍はそれに対しても夜襲した。
要は、九州鎌倉武士の頑強な抵抗で上陸できない戦闘状況の中で台風に襲われたと云うことだ。

9:2014/11/07(金)06:21:57 ID:

蒙古軍は、北九州だけでなく日本海側の各地に上陸して撃破されている。
福井県の敦賀湾にも来襲したが、撃破されてその首塚が建立されている。

10:2014/11/07(金)08:03:24 ID:

気象兵器には他にも、道真が、うわなにするやめ

11:2014/11/07(金)08:10:12 ID:

台風は毎年通るし
大洪水は残念だけど、地域によってはそこまても珍しくないと思うんだけど

12:2014/11/07(金)08:12:57 ID:

ふむ、台風を知らない学者さんなのかなw

13:2014/11/07(金)08:21:15 ID:

吹いたことにしといてあげないと
元軍が惨めすぎて可哀想よw

14:2014/11/07(金)09:04:46 ID:

騎馬民族が海を越えるのに無理があった

15:2014/11/07(金)09:38:19 ID:

神風も吹いただろうが、船が半島製だというのがポイントだと思う。元々沈没する運命だったんだ。

16:2014/11/07(金)10:36:48 ID:

元寇 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87#.E5.85.83.E8.BB.8D.E8.88.B9
>しかし、手抜きを裏付ける史料は無く、
>むしろ元朝の官吏・王惲の記事『汎海小録』や『高麗史』には
>高麗船が頑丈だったことが指摘されており、
>実際に高麗船での生還者は多かった。

17:2014/11/07(金)11:36:42 ID:

つまり、ノアの箱舟は九州に漂着したと結論を出したいのね?

18:2014/11/07(金)12:03:47 ID:

13世紀の話にノアをぶっ込む余地なんて無いだろ。
所で、北部九州に湖と呼べる湖沼は無いわけだがどこを調べたんだろうか。

19:2014/11/07(金)12:10:15 ID:

朝鮮人は日本を征服する気が満々だったってこと

20:2014/11/07(金)12:12:40 ID:

>>18
具体名は記事にはないな
>伊万里湾に近い湖の底から掘り出した

21:2014/11/07(金)12:22:25 ID:

台風に助けられた、という考えを抜きにしても、元寇が700年以上昔だったのを考えれば、当時の日本人は本当に凄い戦いをしたんですよね。
敵の船の上、海の上で戦ったわけですから。
太古の昔から、日本人は海と共存していたので潮の流れとか、風向きとか戦いに応用していたのでしょう。

22:2014/11/07(金)13:21:26 ID:

>>21
主に地上戦
水際で防いだ

23:2014/11/07(金)13:27:55 ID:

海上の戦いと言えば、壇の浦とか。
古代には、白村江の失敗も経験あるし。
人智を尽くしたんだよ。

24:2014/11/07(金)15:53:03 ID:

鎌倉武士はあの時代、最強クラスの強兵
蒙古騎兵も大陸を席巻した時期より大分過ぎてはいるけどな

25:2014/11/07(金)16:54:22 ID:

>>24
鎌倉武士は既に、槍で囲んで個々に包囲殲滅する戦法を使ってたらしいからね
言われるほど形式ばった戦い方ではなく、もっとしたたか

26:2014/11/07(金)17:25:15 ID:

やあやあ我こそは、なんて言っている間に「てつはう」で打たれちゃったんですよ、なんて先生笑っていたなぁ。

27:2014/11/07(金)18:17:14 ID:

内陸部の騎兵は海に詳しくないので、三下チョンが連れてきた。
混血したので、チョンに体格のいい個体がいまでもいる。
帰らなかったモンゴル人は済州島にいついた。
逸ノ城ガンバレ

28:2014/11/07(金)18:23:25 ID:

吹かないでも勝ったというか負けたところに追い打ちが来たってことか

29:2014/11/07(金)18:30:39 ID:

有名な「てつはう」の絵も
逃げる元の兵が描いてある左半分は教科書に載ってなかったな

30:2014/11/08(土)12:32:40 ID:

俺もモンゴル軍の小型の弓矢は日本のよりも強力だったって習ったけど、あれ絶対嘘だよな。
高校でアーチェリー始めてはっきり分かったわ。

31:2014/11/08(土)13:46:27 ID:

>>30
当時の和弓も相当の威力があった
蒙古騎兵の短弓の方が威力があるってのは確実に嘘だね

32:2014/11/08(土)13:55:46 ID:

>>29
竹崎季長が血を流してるところだけしか教材には使われんしな
白村江の惨敗はしっかり教えるくせに、元寇も神風で奇跡的に追い返したと嘘を教えられ
日清戦争や日本海海戦など近現代史はスルー
そして大戦で日本はシナ朝鮮に悪いことをしたと刷り込み

これが現在の日本の標準的な歴史教育というふざけた状況

 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑