*

日本の女性のワークライフバランスに、海外から疑問の声!?

公開日: : 日本のニュース


 

e79d7dbc.jpg

日本は仕事と子育ての両立が難しい!?

日本人女性の多くは、人生における選択肢は限られていると感じているようだ。グーグルが行った調査で、日本は他のアジア諸国に比べ、仕事と子育ての両立に対する社会の支援が少ないと女性たちが感じているらしい。

アジア女性5600人を対象にした調査

調査は、アジア女性約5600人を対象にインターネット利用についてインタビューが行われた。主な質問は、インターネットが仕事や家庭で彼女たちをどう助けているか。パートナーや雇用主からどのようなサポートを受けているかといったものだ。

調査結果からわかる『数字』

デジタルメディア『Quartz(クオーツ)』は、この調査結果を取り上げた記事に以下の数字を示している。「未来は開かれている。進むことのできる道は多く様々だ」との内容に、「同意」と答えた女性は、フィリピン90%、タイ89%、インドネシア86%、インド80%、オーストラリア74%、韓国65%、日本60%だった。

また、「母親となった働く女性に対して、社会が支援してくれる」に対しては、仕事を持つ女性のうち「同意」が韓国74%(ただし仕事を持たない女性では31%)、オーストラリア62%、日本38%と、これもまた日本の数字は低かった。

女性が仕事を辞める理由

同調査によると、日本人女性が家事にかける平均時間は1日当たり2.3時間だった。家事の64%、子供の世話88%は、“私”が担っている、と答えたという。おそらくこのことが理由で、3分の2の女性は子供ができると仕事を辞めるのだろう、とクオーツは結論している。

本当に必要な企業の支援とは?

2013年、安倍首相は、職場復帰したい女性を支援する“女性に優しい”政策を打ち出した。しかし、クオーツによると、日本人女性が本当に必要としているのは、安倍首相の提唱する母親への長期の育児休暇ではなく、父親への育児休暇の延長だという。

男性が育児を分担してくれれば、女性の職場復帰を早めることもできるからだ。また、一度育児を経験してもらえば、男性からも理解を得やすい、と同メディアは指摘した。

<via:NewSphere>


ネットの反応


2:2014/11/05(水)23:55:03 ID:

海外の連中には関係ない話
3:2014/11/06(木)00:00:54 ID:

もっともな意見だけど両方選べないのは女だけじゃないし

男だって“仕事と家庭”“仕事とプライベート”を
両方充実させられるのなんて一握り

まあ日本の社会構造に何らかの問題があるのだとは思うが
それは外国人には理解できない部分だろうよ

4:2014/11/06(木)00:04:13 ID:

私と仕事どっちが大事なのブーメラン
5:2014/11/06(木)00:09:34 ID:

主夫を受け入れるだけでいいと思うよ。
6:2014/11/06(木)00:18:38 ID:

ソレを解決するのが、外国人メイドと外国人ベビーシッター、狙いはピンポイント。
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑