*

アップルCEO ティム・クック氏『私生活と引き換える価値がある』

公開日: : 最終更新日:2014/11/02 北アメリカのニュース



ソトゴトニュース


4160d467.jpg

アップルCEOティム・クックの告白

クック氏はメディアに寄稿した文章の中で「私生活を守りたいという願望から、これまでになすべき、より重要なことを避け続けてきた」としたうえで、「ゲイであることに誇りを持っている」と述べ、同性愛者であることを告白した。

『人の助けになれば・・・』

さらに、クック氏は「アップルのCEOがゲイだと知ることが、同性愛である自分を受け入れ難かったり孤独を感じたりしている人の助けになるのならば、私の私生活と引き換える価値がある」と述べた。

ゲイに対する世論が二分するアメリカ

アメリカでは、同じ性別どうしで結婚する同性婚を巡り、カリフォルニアのように法的に認める州がある一方で、クック氏の出身地であるアラバマ州などは認めておらず世論が二分している。

<via:NHK>


ネットの反応


3:2014/10/31(金)13:12:27 ID:

アメリカでさえ、告白は簡単じゃないんだ

6:2014/10/31(金)13:43:14 ID:

〉ゲイであることに誇りを持って~

違和感感じる。別に同性愛者を否定はしてないんだけどね。肉欲ってのは何なんだろうね?

7:2014/10/31(金)14:16:42 ID:

アップル如きのCEOがもーほーでも、世界に何ら影響は与えんよ。余り驕らないほうがいい。

8:2014/10/31(金)22:34:19 ID:

ゲイって仕草がキモいんだよな。
隠し通すことができなかったんだろう。

 

 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑