*

日本・フランスの超一流の料理人が語る魅力『日本のお米は世界一』日本人の生きざまこそが和食

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 ヨーロッパのニュース, 日本のニュース



ソトゴトニュース


272388af.jpg

「世界で評価される『和食』とごはんの魅力」

2014年11月10日、東京有楽町の日本外国特派員協会で、「世界で評価される『和食』とごはんの魅力」と題した、公益社団法人米穀安定供給確保支援機構主催の海外メディア向けレセプションが行われ、料亭「青柳」3代目主人の小山裕久氏やM.O.F(フランス最優秀職人)受賞シェフのエリック・トロション氏が講演。さらに、千葉伝統郷土料理研究会主宰の龍崎英子氏が太巻きの紹介と実演を行った。

お米は日本料理の原点

小山氏は、「世界中の穀類の中で、日本の短粒米は世界一の甘さを誇り、お米は日本料理の原点である。世界遺産に登録されたのは和食であって日本料理ではない。日本人の食生活、日本人の生きざまこそが和食」と話した。

フランスの人間国宝エリック・トロション氏

続いて、フランスの人間国宝とも呼ばれる、M.O.Fを受賞したエリック・トロション氏は、「外国人シェフから見た『和食』の魅力」をテーマに講演。

日本料理は学ぶことが多い

エリック・トロション氏は、「日本料理は学ぶことが多い。仏料理人の多くが日本料理に感銘を受けており、日仏料理の関係は深く長い。小山氏と出会う前、お米の調理を意識的に行ってはいなかった。お米の甘さを引き出す彼の調理法には驚きを隠せなかった」と語り、日本料理に対する敬意と愛情を語った。

<via:Record China>


ネットの反応


2:2014/11/11(火)22:13:08 ID:

我が国の米はアアアアア

3:2014/11/11(火)22:18:36 ID:

生き様っつーか
石高が経済力の指標だったりしたから

4:2014/11/11(火)22:48:44 ID:

一万石といえば一万人養えるってことだったっけ
うろおぼえ

5:2014/11/11(火)22:55:46 ID:

長い年月、品種改良を続けてきた成果だ。

>>4
一石が大人一人の一年分の食料。

江戸時代にさんざん米を生産しておいて、農民が米を食べられなかったと
いうのは大嘘。

6:2014/11/11(火)23:24:22 ID:

>>5
ありがとう
大名が一万石以上だっけ
すげえ大企業だな

7:2014/11/11(火)23:57:27 ID:

稲作信仰の国ですからなあ

8:2014/11/12(水)00:42:30 ID:

日本のお米がおいしいのは確かだけど、外人にそれを誉めさせて報道するのはなんか嫌
誇りってホルホルしだしたら埃にしかならないよ

9:2014/11/12(水)01:40:40 ID:

確か、西洋人は日本の米を苦手としているんじゃなかったっけ?まぁ個人差はあるんだろうけど。

10:2014/11/12(水)02:30:18 ID:

>>8
称賛は素直に受け、なお謙虚であればいいだけじゃないw

傲慢と虚栄心の塊のかの民族じゃないんだからさw

11:2014/11/12(水)03:08:21 ID:

イタリアにもパスタ信仰があるだろ。知らないけど。

12:2014/11/12(水)06:04:08 ID:

お米ウマー
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑