*

また返還が遠のく!? 北方領土、建設ラッシュで住環境が急速に改善

公開日: : 最終更新日:2014/11/04 ヨーロッパのニュース, 日本のニュース



ソトゴトニュース


97bcdb6d.jpg

ロシアが実効支配する北方領土で住環境が急速に改善

ロシア政府が集合住宅を相次ぎ建設、病院や幼稚園、道路など社会インフラの整備を加速しているためだ。

日本への返還が遠のく

現地の発展に伴い、住民には「島々が日本に引き渡される」との見方が薄れているという。

<via:日経新聞会員記事>


ネットの反応


2:2014/11/03(月)12:28:24 ID:

これは引き渡されたとしても
ややこしいことになりそうだなぁ

3:2014/11/03(月)12:35:01 ID:

4島を追うもの1島をも得ず。

4:2014/11/03(月)13:10:32 ID:

島は要らんから漁だけ自由にやらせろ

5:2014/11/03(月)13:40:51 ID:

コンクリートは冬になるとひび割れ、道路はでこぼこになる
インフラ事業で働くのはシナ朝鮮人で島のロシア人には恩恵なし
どうでもいいから日本と同じ生活がしたい、と現地のロシア人が言っていた
ニュースを去年見た
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑