*

10年に1度の機会!!インドで宣教師ザビエルの・・・

公開日: : アジアのニュース



ソトゴトニュース


1197cff8.jpg

フランシスコ・ザビエルの遺体が一般公開

インド南部ゴア州オールドゴアで22日、16世紀に日本に初めてキリスト教を伝えた宣教師フランシスコ・ザビエルの遺体が一般公開された。10年に1度の機会で、来年1月4日までの公開期間中、主催者側は約500万人の来訪を予測している。

聖職者が透明の棺をかついで移動

遺体は通常、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産であるボム・ジーザス教会に安置されている。数千人の信者が見守る中、透明のひつぎを聖職者らが路上を担いで運び、公開場所の約500メートル離れた別の教会に移された。

神聖な時間

あおむけの状態で衣装をまとったミイラ化した遺体が通り過ぎると、沿道の信者は合掌したり、胸の前で十字を切ったりして祈りをささげた。ポーランド人女性のシルビア・ワクラワスカさん(31)はなかなかないチャンスなので良かった。とても神聖な時間を過ごせた」と語った。

<via:産経ニュース>


ネットの反応


2:2014/11/23(日)07:22:41 ID:

eb1731db.png

3:2014/11/23(日)07:30:15 ID:

漫画家のザビエル山田?

4:2014/11/23(日)11:03:30 ID:

即身仏を路上で24時間公開している日本には敵うまい。日本SUGEEE!

http://omamorida.com/spot/01tohoku/yamagata006.html

5:2014/11/23(日)11:18:32 ID:

>>4
単に穴の中でお経唱えてるだけかと思ったら、意外と工程あるのな。

6:2014/11/23(日)13:03:26 ID:

ザビエルって中国で死んだのか知らなかった
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑