*

【中国】これが中国のPM2.5対策か!? 『異常』な大気汚染対策で2千社が操業停止、1900社が減産、1700カ所で工事休止!?

公開日: : 最終更新日:2015/05/27 アジアのニュース



ソトゴトニュース


b2de7522.jpg

4千社が操業停止または原産措置!?

8日の新華社電によると、中国河北省で同日までに、大気汚染を防ぐため約2千社が工場などの操業を停止、約1900社が減産措置を取った。同省に隣接する北京でアジア太平洋経済協力会議(APEC)の関連会議が開かれていることに伴う措置とみられる。

APEC期間中に合わせた大気汚染対策!?

同省の当局は、1700カ所の工事現場でも作業を停止させたという。中国政府は、北京市中心部の車の交通量を大幅に規制するなどして、多数の外国首脳らが集まるAPEC期間中の大気汚染対策に躍起になっている。

<via:産経ニュース>


ネットの反応


2:2014/11/08(土)18:45:11 ID:

そんなに操業停止して大丈夫なのか?
いっそずっと停止したらどうかな

3:2014/11/08(土)18:47:55 ID:

減産分を取り戻す為、過稼働するんじゃない

4:2014/11/08(土)18:50:13 ID:

日本の高度成長期の頃はどうだったんだろうか?とふと思った

5:2014/11/08(土)18:50:38 ID:

どうせ党幹部と繋がってる大規模工場は止めないから意味無いけどな

6:2014/11/08(土)19:15:40 ID:

何日か操業停止したところで解消するものなのか?
って、空が見えるようになったのか。
そのまま対策できるまで停止すればいいんじゃないかい?

7:2014/11/08(土)19:56:56 ID:

違う、違う、騙されるな、 操業停止は本当だろうが理由は大気汚染なんかじゃない
支那が大気汚染なんて理由で操業を停止するわけがない
経済破綻が本格化し始めたんだよ
大気汚染のせいにしてごまかしてるだけだ、始まったんだよ、リアル三国志まであと少しだぞ

8:2014/11/08(土)20:06:14 ID:

>>4
「この天の虹」作品解説より

本作が製作された1958年はまさに日本が高度経済成長期に突入しようとしていた時期で、環境汚染の概念もなかった当時において工場から立ち上る七色の煙は明るい未来の象徴とされていた。

明るい未来www

9:2014/11/08(土)20:55:08 ID:

七大公害 大気汚染、土壌汚染、地下水汚染、地盤沈下、騒音、振動、悪臭
四大公害病 水俣病 第二水俣病 四日市ぜんそく イタイイタイ病
日本で起きていた公害を、人権無視の中国共産党はまとめて発生している。

11:2014/11/08(土)21:49:25 ID:

ざっくり、文明は使える水と空気の分しか発展できないかと。

終わってる

12:2014/11/08(土)21:53:58 ID:

真面目に公害対策する気が無いんだね

13:2014/11/08(土)22:27:17 ID:

>>7
どっちかっつーとそうだわな

14:2014/11/08(土)22:35:28 ID:

あいかわらず体面ばかり気にする国だな
APECの間だけむりやりきれいにしても世界中が北京の超大気汚染を知ってるよ

15:2014/11/08(土)22:39:14 ID:

根本的な解決は永遠にできないんだろうな

16:2014/11/08(土)23:26:21 ID:

>>4
そりゃ、もう、モクモクよ。
夏は毎日のように光化学スモッグが…
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑