*

中国の歴史認識は最大の脅威!! 『サウス・チャイナ・シー』著者が語る領有権問題・・・

公開日: : 最終更新日:2015/05/27 アジアのニュース



ソトゴトニュース


2dec03e1.jpg

『サウス・チャイナ・シー』著者 ビル・ヘイトン氏が語る

多くの史実とともに南シナ海の領有権問題を検証した著書『サウス・チャイナ・シー』(イェール大学出版)を今秋出版した、元英BBC放送記者、ビル・ヘイトン氏。

フィリピンと中国の衝突シナリオ

フィリピンの漁船が、中国と領有権を主張しあう南シナ海スカボロー礁に議員や元軍人を乗せて入り込み、警戒中の中国公船と衝突、地域の軍事対立に発展するシナリオを示した。

より横柄になる中国

最大の脅威は、領有権の対立が、米国と中国の広域な戦略的競争となることだ。米国は同盟国に安心を与える必要がある。一方、中国は南シナ海の正統な権利保有者との自認を強め、より横柄になってり、リスクは拡大している。

中国の歴史誤認が最大の脅威

中国は時間をかけ、自分が全海域の正統な権利者だとの自認を強めてきた。その歴史への誤認が最大の脅威だ。各国の主張を歴史に照らし誠実に検証する必要がある。

日本による東南アジアへの支援

同時に、領有権の対立を軍事化させないことも重要で、日本によるベトナムやフィリピンへの海保能力向上支援も意義がある。ただ、対立緩和へ当事者間の信頼関係構築ができているとは言えず、今は状況が悪化しないよう願うことしかできない。

<via:Yahoo!/産経新聞>


ネットの反応


2:2014/11/04(火)16:15:14 ID:

誤認?わかってて強行してる様にしか見えんのだが

4:2014/11/04(火)16:18:11 ID:

2千年前とか無茶苦茶だろ

5:2014/11/04(火)16:19:35 ID:

自己暗示による正当化ってのは多かれ少なかれいろんな人が行ってはいるけど
第二次大戦以降に発生した周辺国家との戦争の多さが、その自己暗示の惨さを物語ってると思う

8:2014/11/04(火)16:42:18 ID:

【チベット大虐殺】 チベット亡命政権、中国による侵略および占拠の直接の結果として、120万人のチベット人が死亡したと発表

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human38.html

9:2014/11/04(火)17:16:23 ID:

あら、まとも
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑