*

エボラ熱発見者 ピーター・ピオット博士来日『準備は過剰なくらいに』

公開日: : 日本のニュース



ソトゴトニュース


653687e5.jpg

エボラウイルスを発見した感染症研究の第一人者からの警鐘

ロンドン大学・ピオット博士:「日本も準備態勢を整えることが大事だ。すべての医療関係者が、こうした患者の扱いを十分に訓練しておく必要がある」

来日したロンドン大学のピーター・ピオット博士は、1976年にアフリカのコンゴでエボラウイルスを発見した感染症研究の第一人者です。

過剰なくらいが良い

ピオット博士は「過剰なくらいに準備する方が、初動の対応が遅れるよりも良い」などと述べ、医療関係者への研修の重要性を訴えました。

<via:テレ朝news>


ネットの反応


3:2014/10/31(金)12:15:15 ID:

アメリカでももめてるね

4:2014/10/31(金)12:20:03 ID:

人権無視の完全防御もやむを得ない。

5:2014/10/31(金)12:22:20 ID:

備えあれば憂いなし

6:2014/10/31(金)12:22:39 ID:

もう感染者1万人 なにより死者 5000人超えてるのに
まだ寝ぼけてる政府や国民は自殺願望でいっぱいか。

7:2014/10/31(金)12:36:12 ID:

>>6
韓国人と国連な。寝ぼけたこと言ってるのw

8:2014/10/31(金)13:04:52 ID:

最初はどうせ沖縄っぽい怖い
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑