*

2、3日の短期の日程でタイ・ベトナム・ハワイに行くのが流行り!?

公開日: : 日本のニュース



ソトゴトニュース


686bab69.jpg

今年は安近短!!

週末など、2~3日間程度の休暇を利用した海外旅行を楽しむ人が増えている。これまでも、『安近短』(安く近く短くレジャーを楽しむ)の傾向があり、グアム、韓国、台湾などは定番だったが、若い世代を中心に、タイやベトナム、香港といった東南アジアや平均フライト時間7時間で行けるハワイなど、金曜の夜に出発して、月曜日の朝に帰国し、そのまま出社するという“エクストリーム”的に海外旅行をする人が増えている。国際情勢などの影響で、これまでもっとも人気のあった韓国が落ち込む一方で、台湾が人気を集めたり、東南アジアが短期旅行の目的地になっているようだ。

1〜4日間の旅行者が増加

JTB総合研究所『海外旅行実態調査』によると、海外旅行日数で短期間とされる1~4日間の割合は、過去、出国者数の2番目に高かった2000年で22.3%。これに対し、出国率の最も高かった2012年は33.0%と、10.7%も増えている。昨年、2013年の割合でも33.8%と高い水準を保っており、『安近短』の傾向は続いている。また、同じ日数で東南アジアへ旅行した人の割合は、16.2%(2000年)が18.7%(2012年)、東アジアが74.9%(2000年)が80.4%(2012年)と、各渡航先ともに増えている。

スマートフォンやLCCの登場

また、インターネットの海外旅行サイト『エクスペディア』によると、スマートフォンを使っての週末旅行の予約数は昨年比で約200%増となっている。スマートフォンの利用数が増えていることもあり、“倍増”というわけではないが、ここ数年、安定して短期海外旅行が支持されている。理由はさまざまだが、大型連休時の際には料金が割高だったり、2000年代に登場したハッピーマンデー制度で、3連休が増えたことなどが挙げられるが、近年の傾向としては、オンラインでの海外旅行予約が可能になったことや、LCC(ロー・コスト・キャリア)の登場が大きいと言える。オンライン予約に関しては、スマートフォンの普及でさらに利用数が増加傾向にある。

<via:ライブドア/THE PAGE>


みんなの反応


2:2014/10/14(火)12:27:30 ID:

朝鮮が消えたのは良い事やな!それでも行く奴はおるんやろうが。

しかし香港はどうなんだ?今はヤバくないか?
まぁ、タイミング良ければ(悪ければ)戦車見れるかもなw

3:2014/10/14(火)13:52:19 ID:

グアム行くのは貧乏人
ハワイなんて3泊の短期で行ったら疲れるだけ、まじで止めとけ、5泊~がいい
ベトナム、タイは短期お勧め

4:2014/10/14(火)14:02:41 ID:

貧乏人でスマンがグァムは楽しかったぞ
まああの某国以外なら、観光地はどこでも割合安全で楽しいよ

5:2014/10/14(火)14:06:56 ID:

大阪人の海外旅行は淡路島一拓

6:2014/10/14(火)14:59:13 ID:

タイはこれから涼しくなってくから過ごしやすいかな
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑