*

ブラジルで1万匹放出!!デング熱の免疫持った蚊!?

公開日: : 南アメリカのニュース



ソトゴトニュース


b8963a4d.jpg

ブラジルのテング熱対策

デング熱が毎年のように流行するブラジルで、デングウイルスを媒介しない蚊を自然界に増やすことで、人間への感染拡大を防ぐ新たな試みが始まった。ウイルスの免疫を持たせた計1万匹の蚊を放し、感染源の蚊と交配させる計画で、研究者は「画期的な予防法になる」と期待している。

デングウィルスに免疫がある蚊を作る

リオデジャネイロの研究所が24日、発表した。同研究所によると、蚊を「ボルバキア」と呼ばれる細菌に感染させると、体内でデングウイルスの増殖が抑えられ、人間への感染源にもならないことがわかった。この細菌に感染した蚊と別の蚊の間には、デングウイルスに免疫がある蚊しか生まれないため、将来的にデング熱の感染を抑制できる可能性があるという。

1万匹を放出

研究所は24日、リオデジャネイロ北部で1回目の蚊を放出。今後3~4カ月かけて1万匹を放し、細菌を持った蚊が自然繁殖するのを待つという。

毎年流行するデング熱

ブラジルはデング熱の感染が多い国の一つで、これまでも大流行が繰り返されてきた。保健省によると、昨年は約145万人が感染し、674人が死亡した。

<via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000008-asahi-int>


みんなの反応


2:2014/09/28(日)10:13:25 ID:

ようわからんけどボルバキアとやらを媒介せんのやろか

3:2014/09/28(日)10:16:33 ID:

数年後日本は新型のどんでんグ熱が流行していた

4:2014/09/28(日)10:29:14 ID:

免疫の使い方が違うで
 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑