*

オバマ大統領、いいスローガンが浮かばないwwwww

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 北アメリカのニュース ,


 

a618b708.png

「Yes We Can」の次は?―スローガン探し求めるオバマ大統領

「未来を勝ち取る(win the future)」、「新たな基盤(new foundation)」――。最近になって再び口にし始めたが、オバマ米大統領はこの2つのスローガンからしばらく遠ざかっていた。一方、お気に入りの表現「はっきりさせておきたい(Let me be clear)」は今も使い続けている。

オバマ氏は大統領就任以来、キャッチフレーズや特別な効果を狙った言い回しを多用している。こうした表現は熱狂的に受け入れられるが、趣味や政治的なニーズが変化すると即座に捨て去られる。就任6年目となった今も、フランクリン・D・ルーズベルト大統領の「新規まき直し(New Deal)」政策やリンドン・ジョンソン大統領の「偉大な社会(Great Society)」政策、あるいはオバマ氏自身の「私たちにはできる(Yes We Can)」と同様、パンチの効いた、しかも息の長いスローガンを今も考え出そうとしている。

「Spinner in Chief: How Presidents Sell Their Policies and Themselves(情報操作の責任者:大統領はいかにして政策と自分自身を売り込んでいるか)」の著者、スティーブン・ファーンズワース氏は「集中力がすぐに切れてしまう今の時代の政治には、どの大統領もモットーを必要としている。オバマ大統領は就任初日から明快なテーマを探し続けている」と述べた。

(後略)

(全文を読むには配信元サイトでどうぞ)
<via:ウォール・ストリート・ジャーナル http://jp.wsj.com/news/articles/SB11713596470002413933104580205862807816120>

 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑