*

NASA無人ロケット打ち上げ6秒後に爆発!!!!

公開日: : 最終更新日:2014/10/30 北アメリカのニュース



ソトゴトニュース


54ade7b8.jpg

無人ロケットが打ち上げ後に爆発

アメリカ東部・バージニア州にあるNASA(=アメリカ航空宇宙局)の施設で日本時間29日早朝、国際宇宙ステーションに向けて貨物を運ぶ予定だった無人ロケット打ち上げ直後に爆発する事故があった。

国際宇宙ステーションに貨物を運ぶロケット

NASAによると、爆発したのはロケットの製造や打ち上げなどを行う民間会社「オービタル・サイエンシズ」の無人ロケット。無人ロケットはバージニア州のNASAの施設から国際宇宙ステーションに貨物を運ぶため、日本時間29日午前7時半頃に打ち上げられたが、その6秒後に爆発した。NASAによると、ケガ人はいないという。

<via:日テレNEWS24>


みんなの反応


2:2014/10/29(水)12:17:41 ID:

うちのメテオが木端微塵に

4:2014/10/29(水)12:35:48 ID:

NASAけない話ですな。しっかりしろ!

5:2014/10/29(水)13:04:16 ID:

【NASA・速報】 [HD] 無人宇宙ロケット爆発!炎上!衝撃映像! 十数秒以内にロケットが爆発炎上!

6:2014/10/29(水)13:13:10 ID:

アンタレスって不吉な星のイメージじゃなかったけ?

7:2014/10/29(水)13:23:37 ID:

急遽こうのとりを打ち上げるんだ。

8:2014/10/29(水)13:47:00 ID:

米国では、宗教的理由から

宇宙事業への妨害が相次いでるそうだ

その一つの成功事例かもしれない

9:2014/10/29(水)13:55:37 ID:

動画見たよ。急に推力が落ちて落ちちゃったな。
部品を疑うべきだが、米国の議会の的外れな部品騒動で
罰当たりな感じ。

10:2014/10/29(水)14:02:44 ID:

アンタレスの一段目って旧ソ連のN-1ロケットのエンジンを改修したもんなんだな
ちょっと感動したがあんな古いエンジンを新型ロケットに使うってどういうことだ
ありなのかそんなの

11:2014/10/29(水)14:44:34 ID:

>>10
古い設計とはいえ、ボストークは凄いと擁護しようと思ったら…
N-1ロケットはボストークと設計が違うし、旧ソ連時代に4回テストして4回とも爆発した、曰く付きの代物だった。
そのN-1に使う予定のエンジンを転用したもんなんだね…電装は変更。
アンタレスになってから4回成功、今回は2段目ロケットの打ち上げ能力を強化したら爆発。
アメリカのロケット技術が劣ってただけじゃないのか?
恥も外聞もなく、ボストークをパクッたら良かったのではと思ってしまう。
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑