*

思い切ってカラコン止めて『人工虹彩インプラント移植手術』はどう????

公開日: : 最終更新日:2015/11/07 北アメリカのニュース , ,



ソトゴトニュース


396a4222.jpg

人工虹彩インプラント移植手術とは

米ニューヨークのKenneth Rosenthal医師が、瞳の色を永久的に変えられる「人工虹彩移植(Artificial iris implant)」なる技術を編み出した。

もともとは、美容整形用ではなく医療用として開発されたこの技術。角膜に2.8mmほどの切り目をつくり、人工虹彩を挿入するというもので、2011年には、生まれつき虹彩がなくほぼ目が見えなかった少年が、この手術により視力を取り戻している。

目の色を変えたい場合は、この人工虹彩の色を好みの色にすればいいということのよう。ただし、人工虹彩の製造元であるBrightOcularによれば、この手術は近視や遠視を治療するものではないため、視力が悪い人はメガネや(透明な)コンタクトレンズが必要らしい。

ちなみにこの移植手術は現在アメリカ国内の病院でおこなわれているそう。治療時間は片方の目につきたったの15分で、術後はその日のうちに退院が可能。

もし虹彩が目に合わないなどの問題があれば取り除くことも可能なので、色に飽きたら変えるなんてこともできるかも?

もちろん、患者の中には感染症や炎症、その他の合併症を引き起こす可能性もあるので要注意だが。

元々は、左右の眼で虹彩の色が異なる虹彩異色症の人や、目のメラニンが生まれつき少ない白皮症の人の為の医療技術として開発されたものだが、巷では早くもファッションとしての注目度の方が高いようである。

もし炎症や感染症などが起こったり、患者本人が元に戻したい望めば簡単にシリコンを取り出すことも可能です。

なお、完全に手術の影響がなくなって通常通りに物が見えるようになるには1ヶ月から2ヶ月かかりますが、基本的には手術当日に帰宅できます。

ただし、数日間は車の運転や重いものを持つことは禁止。術後3ヶ月間の水泳もNGとされます。

人工虹彩インプラント移植手術の説明動画

<via:http://www.islandeye.net/kenneth-rosenthal.htm>


みんなの反応


2: ID:

カラコンていろんな色を楽しむもんだと思うんだよ。本来の目の色を変えたいわけじゃないんじゃないかな。

3: ID:

カラコンはファッションと同じなんだから
一生じゃ飽きた時困るよね

4: ID:

こりゃれっきとした治療用やん
カラコンとは違うだろうよ
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑