*

8億円が水の泡!!1ロボット潜水艦「ネーレウス」が大破???

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 オセアニアのニュース , ,


 

7153093b.jpg

海の奥深くは光合成に必要な太陽が届かないため、表層とは環境や生態系が異なっており、水圧・低水温・暗黒・低酸素状態などの過酷な環境条件に適応するため、生物は独自の進化を遂げています。

大深度潜水が可能な有人や無人の潜水艇や探査船を保有する国や団体は少ないため、人類にとって解明されていない部分が多くあります。そんな環境を探索するために運用されていたWHOI(ウッズホール海洋研究所)によって建造されたロボット潜水艦「ネーレウス」が潜水中に大破してしまいました。

ネーレウスはニュージーランドの北東にあるケルマデック海溝の深海1万メートル付近を探索中に、巨大な水圧が機内にかかり大破したことが機体の残骸から推測されています。
WHOIのシャンク氏は「ネーレウスは地球や生命の根源である海中を調査する乗り物として、6年にわたり研究者すら分からないような未知の領域への理解を深めてくれる唯一の乗り物だった」とコメントしており、研究者達にとって大切な役割を果たしてきたネーレウスの大破は、
8億円の建造費以上に痛いものだったのかもしれません。
ネーレウスは自動運転と支援船を使った遠隔操作が可能で、今までの潜水艇が到達できなかった深海を探索するため多くの革新的な技術が採用されていました。

ネーレウスを失った今、WHOIは再度潜水艇を建造することになりそうですが、どのような機体になり、どの程度予算がかかるかが気になるところです。

<via:ライブドアニュースhttp://news.livedoor.com/article/detail/9351825/>


2:2014/10/14(火)18:11:57 ID:

アッガイ危険深度に達したのか。
3:2014/10/14(火)18:17:33 ID:

太平洋の底に沈んだのか
Kaijuにでも喰われたんだろうか
4:2014/10/14(火)18:18:23 ID:

8億円は激安価格
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑