*

中国人、皇居が見える都心の不動産を買い漁る???? 

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 アジアのニュース, 日本のニュース , ,


 

654f9365.jpg

かねてからの円安で、東京都心部の不動産市場を中国マネーが席巻している。自分の目で購入物件を探し回る中国人も急増しており、「都心不動産購入バスツアー」が毎日のように行なわれている。

中国人はどんなエリアの物件を好んで買っているのか。

9月中旬、中国・上海の「シャングリラホテル」のミーティングルームで開かれた投資セミナー資料では〈最も都心である千代田区、中央区、港区。核心5区といえば、前出の3区に新宿区と渋谷区が加わる〉と、東京の都心部を勧めている。不動産市場分析会社「スタイルアクト」代表取締役・沖有人氏の指摘。

「中国人に特に人気なのは青山・赤坂・麻布の『3A』エリア。また新宿、六本木、品川など知名度がある地区の物件です。加えて最近は、有明や豊洲などの湾岸エリアの人気が高まっています」

湾岸エリアは東京五輪開催を背景に価格の値上がりが期待できるからだという。価格帯はどうか。

販売業者などに聞くと、彼らが購入しているマンションは5000万円から1億円強までの価格帯が多い。余裕があればその価格帯で2軒、3軒と同時に購入することもある。

前出の沖氏は「中国人は皇居が近かったり、皇居が見えたりする物件を非常に好む傾向がある」という。皇居近くのマンションは必然的に高額になり、2億円、3億円といった物件も多い。

続きはこちら

<via:NEWSポストセブンhttp://www.news-postseven.com/archives/20141007_280353.html>


:2014/10/13(月)14:54:20 ID:

横須賀の米軍周辺でも、同じことが問題になってるよ。
おそらく他の軍事施設、政治的な中枢施設、の周辺も同じだと思う。
 :2014/10/13(月)14:59:13 ID:

これは江戸城本丸再建しかないな
 :2014/10/13(月)16:31:36 ID:

最近都内に中華料理屋が増えすぎ。
店名はそれぞれ違うが、ガラス面に適当な素材写真を並べたシートを貼ってて
どの店も似たような印象。
新たなチャンコロの寄生作戦じゃないかと思う。
 :2014/10/13(月)17:14:21 ID:

東京湾に近いゼロメートル地帯の物件を高く売りつけてやれよ
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑