*

インド初の高速鉄道計画、日中間で受注争奪戦 勝敗の結果は東南アジアにも影響する????

公開日: : アジアのニュース, 日本のニュース



ソトゴトニュース


617c0c14.jpg

インド初の高速鉄道計画をめぐり、日本と中国の間で受注争奪戦

新幹線の売り込みで先行する日本に対し、建設費の安さに加えて人材育成や技術移転などもセットにして働きかける中国が追い上げている。勝敗の結果は、東南アジアなどインド以外の新興国での受注争いにも影響しかねない。政府が成長戦略で重視するインフラ輸出を軌道に乗せるため、官民一体となった「オールジャパン」の総合力が問われそうだ。

日本…事業化調査請け負い先行

インドの高速鉄道計画は7路線あり、ルートは未確定ながらも総延長は4700キロ近くと、東海道新幹線・東京-新大阪間(約515キロ)の4往復半あまりに相当する。さらに既存の鉄道も高速化して、首都ニューデリーから西部の工業都市アーメダバード、インドの最大都市ムンバイをめぐり、南部のチェンナイと東部のコルカタを経てニューデリーに戻り、高速環状網で全土をつなぐ構想だ。

このうちJR東日本などが受注を目指しているのが、アーメダバードとムンバイを結ぶ約500キロの路線。JR東を含む鉄道事業者が出資するコンサルタント会社などの日本勢が昨年12月に事業化調査を請け負い、インド側と共同で需要予測や基本計画の策定を進めており、来年7月ごろをめどに結果をまとめる。

この第1号路線について、JR東の冨田哲郎社長は「新幹線技術をインドで展開できれば新しい発展の可能性を発見できるきっかけになる。ぜひ獲得したい」と強い意欲をみせる。

官民が連携して早くから新幹線の導入をインドに働きかけてきた日本勢は事業化調査も手掛け、通常なら建設工事の受注も有利な立場にある。ただ、日印共同の調査では日本の新幹線が最適という結論になるとはかぎらず、国際入札となる可能性も排除できない。

中国…建設コストは新幹線の半分

ライバルとなるのはフランスなど欧州勢だけでなく、日本や欧州勢のノウハウを土台に改良したと主張する「独自技術」で急速に力をつけてきた中国だ。

ニューデリーで9月18日、インドのモディ首相と会談した中国の習近平国家主席は、今後5年間で200億ドル(約2兆1600億円)の投資に加え、インドの既存鉄道の高速化や新設の高速鉄道への協力を約束。モディ首相は「中国の参加を歓迎する」と表明した。

日本を強く意識しる中国

中国側は日本を強く意識しており、中国共産党系のウェブサイト「人民網日本語版」は今月13日付の記事で「価格と戦略面で中国が優位だ」と伝えた。(1)走行距離や信頼性で日本に劣らない(2)材料費や人件費が割安で建設費が安い(3)広大な中国で建設と運営に成功し、技術の成熟度と安全性が高い-とアピールした。

費用の安さが売りの中国

3年前に浙江省温州市で起きた高速鉄道事故で多数の死傷者を出しており「成熟度と安全性」には疑問符がつくものの、費用が安いのは事実。建設コストは新幹線の半分程度ともされ、開業後の「運賃を低く抑えたい」(インド連邦議会のシン名誉議員)というインド側には魅力的だ。

さらに中国は運行技術や車両製造のノウハウを移転する「鉄道大学」をインドに設け、将来的には製造・開発拠点の現地化にも協力する構えをみせており、国内製造業の振興を掲げるモディ首相の心をくすぐる。

JR東日本社長は・・・

それでもJR東の冨田社長は「30~40年間のメンテナンスを含めると新幹線は高くなく、優れたオペレーションや、メンテナンスを切り札に勝ち抜きたい」自信をみせる。

日本は運行実績や安全性で強みを持つが、インド以外への売り込みも見据えて「廉価版」の新幹線を用意するといった対抗策が必要かもしれない。

インドで日本勢が受注に成功すれば、三菱重工業や川崎重工業などの企業連合が請け負い、2007年に開業した台湾の高速鉄道以来、2例目の新幹線輸出となる。

<via:産経新聞>


みんなの反応


2:2014/10/26(日)15:02:06 ID:

半額だと中国になるかもしれないな
ただ、中国の商売、取り消しできないレベルまで作っといて
あとから追加料金要求するっての
結構ばれてきてるからどうなるかねえ

3:2014/10/26(日)15:51:44 ID:

日本のシステムは高速専用線ありきだから、既存システムの有効活用ができないのが弱点。
いつの間にか中国勢が鉄道市場で売り上げトップになってるし
急速に追い付かれ、突き放されつつある。

5:2014/10/27(月)11:09:42 ID:

それと廉価版の新幹線なんて必要無い、むしろ日本の車両より高速化したのを売り込め

6:2014/10/27(月)14:32:41 ID:

東南アジアで費用は格安だけど50年間運営権は中国という
ふざけた鉄道を売りつけようとして失敗した中国さんですか。

7:2014/10/27(月)15:45:41 ID:

軍略的にも重要な鉄道建設をインドが中国に任せる筈が無いだろw

8:2014/10/27(月)20:16:07 ID:

売り込みに円安は効いてないの
 

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

  • ホームページ登録 Paseon
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑